HOME > プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング

広がる今後の可能性

スクリーン、ディスプレイの枠から解放された映像効果


ただ映像を建物に投影して驚かすだけでなく、画像や文字を加えて、歴史やメッセージを伝えることも可能です。
屋外室内、広告、店舗ショーウインドー、結婚式、葬儀、舞台の演出など広範囲に使用されています。設置形態も仮設、常設のどちらでも行えます。
 単に驚きや迫力を伝えるだけでなく、伝えたい思いを大勢の方に伝えられるツールとして、まだまだいろいろな可能性を秘めています。

プロジェクションマッピングの費用

 


費用は主に映像(コンテンツ)制作費と機材(プロジェクター)費に分かれます。
弊社では映像制作から投映まで全て自社内で行う体制を取っています。3D映像の部分や映像の合成、投影など業務を細分化して外部委託する業者よりも大幅にコストを下げる事が可能です。
機材費は、環境(映像を投映する物の色、大きさや周辺の明るさ)によっては大きく抑える事が出来ます。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問合せ

CG制作過程の写真

投映する物の形・大きさ

大きな物の方が迫力が出て面白いです。
また、まっ平な平面よりも、多少のおうとつがある方がおもしろくなります。
(その分、映像の制作は大変ですが)
また窓ガラスや鏡、黒い色の部分には映像が映りませんのでご注意下さい。
右の写真の校舎は横36m高さ12mですが、周辺の環境が暗かったのでプロジェクターは2台でした。窓ガラスには白いカーテンを閉めて映像を映しました。
 
 
小学校プロジェクションマッピングの写真

□投映する物の色

白っぽい方が映像が映りやすい→プロジェクターの性能、台数を抑えられる
 

□投映する物の形

まっ平より多少のデコボコはあった方が面白い。(もちろんまっ平でもOK)
極端にデコボコがあると映らない部分が出るので好ましくない。またプロジェクターの台数が必要になることもある。
 

□観客と投影する物の距離が近い

投映の対象物と観客の距離は、近いと錯覚をおこしにくい(映像だとバレバレ)。
写真などを投影すると認識しづらい
 

□観客と投影する物の距離があまりにも遠い

迫力が無い 


立体的に見せる仕組み

投影している壁や建物から物が浮かんで見えたり、奥行があるように見えるのは、影があるからです。影によって人間は立体的な構造だと錯覚をおこします。効果的に影が付くように気を付けながら3Dで映像を制作しています。
 
またプロジェクターは黒い色と白い色は出せません。
映画館では、プロジェクターの光を止めると真っ暗なので人間は黒と認識します。また透明な光を出すと、白いスクリーンが照らされて白と認識します。
プロジェクションマッピングでは白いスクリーンはありませんし、真っ暗という環境もなかなかありません。
明るい環境では、立体的に見せるために必要な影の部分を認識しづらい(黒とは認識出来ない)ためプロジェクションマッピングには不向きな環境です。少しでも暗ければ、より面白いプロジェクションマッピングになり、金額的にも抑えられます。
赤穂城址プロジェクションマッピングの写真

□映像上の影

立体的に見せるための一番重要な要素
 

□明るい環境

影が見えにくい(黒と認識出来ない)ので立体的に見えづらい
プロジェクターの光量を上げて明るい部分を増やすことで、うす暗い部分をより黒っぽく錯覚させることがある程度は可能ですが、プロジェクターの性能UPや台数が増えるため金額が高くなる